外遊びのススメ

  • 2020.03.29 Sunday
  • 16:22
あいくるでは、
毎日のように河原へお散歩

あんでは、
アミーゴで思いっきり外遊び

そして、
はぴはぴは、
週2回ねいちゃ〜はぴはぴ。

外遊びって、そんなにいいの?と
思ってる方もたくさんかな。
外で遊ぶって想像がつかない方も
いると思います。

新型コロナウイルスが流行ったから
外遊びをしましょう!では
ございません!!
いつもいつも外遊びをオススメして
いまーす(^ー^)

なにがいいんだろうね?
長い文章ですが、ぜひ読んでみて〜!!


【五感を刺激することによる影響】

自然の中では五感が刺激されます。
それにより、人間性が豊かになり脳細胞が
活発化します。親子で同じ環境で同じ体験を
することで、気持ちが共感できた、
また同じ体験を通しても感じ方が違うことに
気付く。
そのことから親子が、共に協力したり、
お互いの気持ちを尊重する姿勢が育つ。

五感・・・視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚
(詳しくは写真を見てね)




【一方通行ではない、双方向での関わりの影響】

テレビやインターネット動画、
またゲームなどは、
与えられるだけの一方通行の刺激であり
受け手側の問いかけには答えることがありません。
しかし、土や水など、自然物の多くは
こちら側の働きかけによっていかようにも
姿を変えます。

この応答的素材は、
子どもの創造力・想像力を育み、
好奇心を育てます。


【太陽の光による心身への影響】

太陽の光が心身の発達に有効なことはいうまでもない。
太陽の光を浴びることでビタミンDが作られ
骨が強くなり、体温が上がることで免疫力も
アップします

まて、体温の光を浴びると、
睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌が
ストップされ、脳の覚醒を促すホルモンである
セロトニンの分泌が活発になります。

セロトニン:不安や恐怖感を抑え、
   精神を落ち着かせる作用があります。

また、太陽の光により体内時計が整うことも
立証されてます。
これらは乳幼児のみではなく、大人にも効果が
あります。
親子で屋外で遊ぶことで、心身ともに健康な
増えることでしょう。

【観察力、洞察力、判断力、想像力、創造力】


既存の支援センターなどの施設の多くは、
乳幼児は安全に遊ぶことを重点をおいて、室内環境が設定されています。

安全が確保された場所で遊ぶことも、もちろん
乳幼児にとっては大切なこと。
しかし、屋外という安全の保障されていない
場所では、ただ歩くだけでも、石があり
草があり、木があり、水がある。

その場その場で安全の確保の仕方が違います。
そのなかで工夫しながら遊ぶことで
観察力、洞察力、判断力、想像力、創造力が
自然と身についていきます。

親世代も同様に、その力を身に付けていき、
日々の暮らしを生かせるようになります。

【コミュニケーション能力の向上】

既存のおもちゃ等を使用する遊びと異なり、
自然の中での遊び方は無限大。
正解がないので何をどのように使用して
遊ぶことも可能です。
そのため、自分以外の人が何を使って
何をしているか?ということに注目しやすく、
真似をする、協力して遊ぶ、話し合うなどの
コミュニケーションがとりやすくなります。

また、
他の人と力を合わせる場面が多いため、
自然と交流が生まれます。
そのため、
自然の中で遊ぶことでコミュニケーション能力
が向上します。

これは子ども同士の関係、親子の関係、
親子以外での大人と子どもの関係など、
全ての人と人との関係で育まれるものなのです。




     (文章:あいくる理事 村野裕子)















なんて外で遊ぶって
ステキなんでしょう!
ちょっと憂鬱かもしれないけどw
少しの時間でも効果あり!!

この機会に、みんなで外で遊びましょ(o^∀^o)


投稿者:ようぶん
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM